高い声を出す方法
カラオケで高い声を出すための
ボイストレーニングのやり方。

音痴がたった7日で治る方法
たった7日間で音痴を解消!歌唱力アップ!
魔法の7つのレシピ「マジックボイス」

5日間でビブラートがマスターする方法
初心者でも短期間でビブラートが
マスターできるボイトレの方法

歌うときの姿勢について

たぶん僕が思うには、カラオケボックスなどで歌う時は、
イスに座ったまま歌う人が多いのではないでしょうか?

でも、声を十分に出す。また曲の高い所で高い声を出すにも
僕は立った姿勢で歌ったほうがいいと思います。

これは座った状態より立った方が腹式呼吸もやりやすい
ということもあると思います。

なので僕の場合はたとえカラオケボックスででも、どこで
あってもかまわずに立って唄います。

でも、カラオケボックスなんかで立って歌うなんて・・・
と思われるかも知れませんが、僕は全然気にはしません。

それよりも声を十分に出してカラオケを上手く歌いたいと
いう気持ちの方が強いです。

先ほど言いましたが、腹式呼吸が十分にやりやすいし
声の発声も正しくやりやすいため大きな声や、高い声、
そしてロングトーンが上手くやりやすいということです。

曲を正しく覚える

カラオケで歌う曲を正しく覚えるということはとても大切だと思います。

特に新曲などを覚える場合には、しっかりと何度も聴いて正しく覚えて
から歌うことが大切です。

中途半端に覚えて、カラオケではなくても例えば鼻歌でもそうですが
歌うと分からないところを適当に誤魔化してしまうことがあります。

そうすると、変なクセがついてしまうことがあるからです。

このクセというのはとても厄介で一度間違えた覚え方をすると、僕の
経験から言うと後で正しく治すのがとても、大変です。

悪い言い方をすれば、いわゆる音痴になってしまいます。

場合によっては直らない場合もあります。実は僕は何度も経験が
あります。治すことが出来ずにカラオケで歌うのを諦めた曲も結構
たくさんあります(笑)

でも逆に、最初に正しく覚えれば良いクセとして身に付きます。

多少のことでは、揺るぐこともありません。

なので曲を正しく覚えるには最初がとても大切だと思います。

タグ:音痴 新曲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。